マヌカハニーファン

最高級のはちみつ、マヌカハニーの味、食べ方、効果、選び方など体験談を通じてお伝えします

コラム

低糖質ダイエットにも効果的なマヌカハニー

更新日:

低糖質ダイエットは、摂取する糖質の量を制限することで体重を減らしていきます。この低糖質ダイエットに一役買ってくれるのがマヌカハニーなんです。

はちみつはその8割が糖質と言われています。糖質を制限する低糖質ダイエットに、糖質の塊のようなはちみつがなぜ効果的なのか。低糖質ダイエットの仕組みから効果的な理由まで説明していきます。

低糖質ダイエットの仕組み

低糖質ダイエットの仕組みを知る前に、なぜ太る原因となる中性脂肪が増えるのかを説明しておきます。

中性脂肪が増える理由

わたしたちが食べた糖質は、体内で酵素の働きによってブドウ糖に分解されます。分解されたブドウ糖は、血液に吸収されエネルギーとして活用されます。

この血液中の糖の量を「血糖値」といいます。体には血糖値を適切な状態に制御する機能があります。その重大な役割を担っているのが「インスリン」です。

血糖値があがるとインスリンが出動し、余分な糖を筋肉や肝臓にグリコーゲンとして蓄積させます。グリコーゲンは、非常食のようなもので、すぐにブドウ糖に変換できるものです。

グリコーゲンの蓄積量には限度があります。蓄積の限界量を超えても血糖値が高い場合、インスリンはブドウ糖を中性脂肪として体内に蓄積します。

つまり、糖分を多く摂取すると、血糖値があがり、血糖値を適切にするために中性脂肪が増えていくのです。

参考:糖質制限でなぜ痩せるのか?

低糖質ダイエットの仕組み

中性脂肪を増やさないためには、「血糖値のコントロール」が重要です。

低糖質ダイエットでは、糖分の摂取量を減らすことで、血糖値を適切にコントロールすることで中性脂肪の増加を抑えます。また、意図的に糖質が少し不足する状態にすることで、中性脂肪をエネルギーとして利用し体重を減らしていきます。

はちみつが効果的な理由

そんな低糖質ダイエットですが、全体の80%が糖分ともいわれているマヌカハニーがなぜ効果的なのか

その理由は、豊富な栄養とGI値にあります。GI値は、食品を摂取し血糖値があがるまでの速度の指標です。砂糖は60~69、白米70~79なのに対して、マヌカハニーは50~59とGI値が低いのが特徴です。つまり、血糖値があがりにくい食品といえます。血糖値があがりにくいということは、中性脂肪がつきにくいということです。

参考:マヌカハニーと糖尿病の関係

マヌカハニーの効果的な使い方

低糖質ダイエットをしている人のマヌカハニーの効果的な使い方は、砂糖のかわりに利用することです。

砂糖の代わりに利用することで、血糖値の上昇を穏やかにして、中性脂肪の蓄積を低減させます。

甘くて、血糖値の上昇を抑えて、栄養補給もできるマヌカハニーは、低糖質ダイエット実践者にとって一石三鳥の優れものではないでしょうか。

美味しく食べて痩せる。低糖質ダイエットのおともにマヌカハニーはいかがでしょうか?ダイエットに使うには、【ヴェーダヴィオンラインショップ】のTA20+がおすすめです。

-コラム

Copyright© マヌカハニーファン , 2019 All Rights Reserved.